私の読書とニュースと芸術と

自分の趣味に関して広告フリーで自由気ままに書くサイトです。

市販ポリ袋の店頭販売が好調(2021年2月13日)

[記事概要]

〇レジ袋有料化に伴い、コンビニでレジ袋をつけてもらうと1枚3円かかるところ、50枚入りの取っ手付きポリ袋の売りあげが好調(2倍以上の売り上げが続く、一時期は品薄だった)

〇レジ袋の二次利用方法としてごみ箱の内袋として利用、家庭のごみ箱代わりが多くを占める。

〇無料で提供できるレジ袋 厚さ0.05㎜以上、海洋生分解性プラスチックを100%配合、バイオマス素材・バイオマスプラスチックを25%以上配合

----キリトリーーーー

〇プラスチック削減の「象徴」として行われただろう、レジ袋の有料化。

〇記事ある通り、ごみ袋に流れていたことは分かっていたことで、代替として「マイバック」のみ示し、ごみ袋のところまで注意が向かっていなかったことにより起きた話。

〇一見すると、スーパー・コンビニwithレジ袋のところだけ注目してその先の流れを考えなかったように思える今回の施策。

〇マイバック使用によりコンビニでもらう分はすべて削減し、ごみ袋として使用されるものは、「無料で提供できるレジ袋」の規格でできることが現行のパッケージでは最大の効果を出すと思われるところ、地方自治体の「ゴミ袋」政策の行方については、要観察。