私の読書とニュースと芸術と

自分の趣味に関して広告フリーで自由気ままに書くサイトです。

「人に寄り添う防災」片田敏孝著(集英社新書)

 (片田先生のお名前を始めてごらんになる方は、「人が死なない防災」を先にお読みになることをお勧めします。この本は、その後についてと思っていただければ大体あってます。)

放送大学が私の家で見られた時代に一番衝撃を与えられたのが片田敏孝先生が講師として加われていた「安全・安心と地域のマネジメント」(現在が視聴できないのが残念です。)。当時防災に関する仕事をしているときに、何ら方針等が示されず説明会でも資料を走り読みするだけで「防災」とは何もわからなかったときに大きなヒントを与えていただいた講座でした。

 

さて、片田先生は、最近も読売新聞で取り上げられていた「釜石の奇跡」に関わられていたお一人です。その前の後もいろいろな地域でご見識を生かされて、少なからぬ人数の命を結果として救われている方です。

そして、釜石の奇跡でも、亡くなられていた方がいたのは申し訳ない、とおっしゃられて、全国で活動をされております。

究極的なこの本の考え方は、追加でつけられたカバーにあった

「避難しようと思う心を、どのように導くのか」最後は「あなた」の判断です。

この文にすべてが集約されていると申しても、過言ではありません。

一つは国の防災の考え方を変えた点です。「(行政が)避難していただく」を変えたところです。引用できる国の報告書からです。

これまでの「行政主導の取組を改善することにより防災対策を強化する」という方向性を根本的に見直し、住民が「自らの命は自らが守る」意識をもって自らの判断で避難行動をとり、行政はそれを全力で支援するという住民主体の取組強化による防災意識の高い社会を構築する必要がある。

知らなければ驚かれると思いますが、「避難していただく」が「住民が避難する」に変わっています。

 

もう一つは、なぜ避難しないのか責めるのでなく、その理由をよく聞いたうえでその理由から避難することにつながる方法を一緒に考える点です。

そもそも、人は簡単には逃げないという中で、いかに一人でも多く逃げるか。

本来高齢者の地域だと避難が難しくそのまま犠牲になってしまうこともあるのですが、高齢者たちが逆にとっとと逃げて、料理とかを持ち寄って楽しんでいるというのは今後の地域コミュニティのヒントになるのではないかなとも思いました。

 

特に行政の方はそうですが、今日の読売新聞の夕刊でも東京都内の水害に弱い地域の行動計画の記事がありましたが、少しでも自然の近くにいて、恵みをたくさん受けるが、少しでもその恐ろしさに触れる可能性のあるすべての方にご覧いただきたい本です。

 

人に寄り添う防災 (集英社新書)

人に寄り添う防災 (集英社新書)

  • 作者:片田 敏孝
  • 発売日: 2020/09/17
  • メディア: 新書