私の読書とニュースと芸術と

自分の趣味に関して広告フリーで自由気ままに書くサイトです。

市販ポリ袋の店頭販売が好調(2021年2月13日)

[記事概要] 〇レジ袋有料化に伴い、コンビニでレジ袋をつけてもらうと1枚3円かかるところ、50枚入りの取っ手付きポリ袋の売りあげが好調(2倍以上の売り上げが続く、一時期は品薄だった) 〇レジ袋の二次利用方法としてごみ箱の内袋として利用、家庭…

太田光さん「マスク会食」酷評を反省…「ぺこぱ」的発想必要かも(2020年2月2日読売新聞)

2度目の緊急事態宣言が発令されている。私たちが一刻も早く、コロナを乗り越えるには――。そのためにいま「#伝えたい」ことを、感染の経験や独自の視点を持つ著名人に聞いた。 ――国内で新型コロナウイルスの感染が広がり始めて1年になります。 去年2月、…

お詫び

作者の体調不良によりしばらくお休みをしております。 今週中、遅くても来週には再開します。 どうぞよろしくお願いいたします。

緊急事態宣言 発出中(2021年1月28日 読売新聞)

尾身茂分科会会長と黒岩祐治知事の対談企画 <対談のポイント> 【黒岩知事】 〇患者の症状によって受け入れる機関を設定する「神奈川モデル」を構築。 〇「マスク会食」を提案。 〇感染者数と病床数など医療機関の逼迫度の予測が分かるデータとグラフを公表…

ペットボトルでごみ袋 神戸市が試験販売へ(2021年1月26日)

【記事概要】 〇2月5日からペットボトルのフタを原料とするごみ袋を試験販売する。 〇45リットルの袋でフタ3個を使用。 〇二酸化炭素を5割減らせる一方で価格話2割増。 〇市民の利用状況等を見極めたうえで継続の有無を判断。 〇10枚入り5,000…

阿波おどり混乱 実行委は機能不全に(2021年1月21日)

【記事概要】 〇阿波踊りを主催する阿波おどり実行委員会(委員長 徳島市長)が機能不全に陥っている。 〇実質的に実行委員会を仕切る徳島市と運営を委託されている民間事業体で費用負担をめぐるトラブルが表面化した。 〇21年夏の開催を協議するための実…

[本]社会保障と財政の危機 鈴木亘著(PHP新書)

鈴木先生の本は、「経済学者 待機児童に挑む」がいろいろな角度から勉強になりましたので、新聞広告で拝見してすぐに発注しました。 主な内容としては、コロナ危機対策、そしてコロナ危機対策でますます危機が迫る社会保障制度についての問題意識と提言でし…

【趣味枠】うますぎる「終電繰り上げ」鉄道写真 投稿職員の正体は(2021年1月21日)

1月13日に国土交通省のツイッターに投稿された写真。「ズーム流し」という撮影方法で撮られており、「うますぎる」などと反響があった=国交省提供 国土交通省が20日から首都圏で始まる終電繰り上げを呼びかけるために、ツイッターへ投稿した鉄道写真が「うま…

使用済みマスクや注射針も ごみ処理施設で集団感染(2021年1月20日)

使用済みのマスクに注射針。危険が伴う「ごみ収集」の現場に密着しました。 感染症対策に奮闘する医療従事者をはじめ、社会生活を支えている業種の一つがごみ処理などに従事する作業員の皆さん。テレワークもなく、現場に感染が広がれば事業は維持できなくな…

「人に寄り添う防災」片田敏孝著(集英社新書)

(片田先生のお名前を始めてごらんになる方は、「人が死なない防災」を先にお読みになることをお勧めします。この本は、その後についてと思っていただければ大体あってます。) 放送大学が私の家で見られた時代に一番衝撃を与えられたのが片田敏孝先生が講師…

生ごみ再生 広めたい(2021年1月18日 読売新聞)

<団体ホームページ> 【記事概要】 〇代表者が高校生の息子が学校から持ち帰ったフリーペーパーに地球温暖化について未来を信じて笑いながら動いてみよう」という趣旨の漫画をみて衝撃を受けた。 〇主婦仲間たちと、電気の過利用を指摘することから始まった…

国税職員の不祥事相次ぐ 再発防止策 総点検を(2021年1月18日)

[記事概要] 〇国税当局によるコロナウイルス助成金、消費税の不正還付、大麻等の事件が発生している。 〇事件数自体は大きく変わらないが質が悪化している。 〇直接の原因は分からないが、「人間関係の希薄化」が原因と。 〇体育会系の組織で飲み会の場に…

使い捨てストロー、削減を義務化 プラごみ対策、新法案概要が判明(2021年1月15日)

政府が検討中の新法案「プラスチック資源循環促進法案」の概要が15日、判明した。ストローをはじめとする使い捨てプラ製品を多量に提供する飲食店に削減を義務付けるなどし、プラごみの排出抑制やリサイクルを促進する。政府、与党の調整を経て18日召集の通…

食品ロス対策なども補助を…緊急事態宣言で業務用食品卸も苦悩(日本食糧新聞 2021年1月15日)

「前回(2020年4月)の緊急事態宣言発令時よりは影響は限定的。飲食店も同様だが、精神的なダメージが大きい」と首都圏の業務用食品卸トップは苦悩を語る。業務用卸の業績は2020年4~5月は半減、緊急事態宣言解除後の6月からは徐々に回復し、10~11月は「GoT…

自動運転バス「顔パス」乗車(日本経済新聞 北関東版 令和2年1月13日)

www.nikkei.com 【記事概要】 〇自動運転バスシステムに「顔認証」を導入 〇群馬大学、一般社団法人ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構 〇中央前橋駅-前橋駅(土日祝はショッピングセンターまで延伸)間 〇「顔認証」(希望者)により本人確認と…

野口五郎さん ビジネスじゃない「歌うため」(20210107 日本経済新聞)

【記事概要】 〇新型コロナウイルス対策のスマートフォンアプリ「テイクアウトライフ」開発。 〇ライブ・飲食店等に掲示されたQRコードをアプリで読み取れれば感染者が発生した時に緊急通知を受け取れる仕組み。 〇海老蔵歌舞伎や大相撲初場所でも採用 〇…